Month: 1月 2015 (page 1 of 6)

2015年1月30日/「表現の自由」を考える

Photo Credit: Valentina Calà

Photo Credit: Valentina Calà

ブログを編集するのに、「Notepad++」というソフトを使ってます。今朝、いつも通りにソフトを起動すると、勝手に文字が表示されるではありませんか。ウイルスかと思いましたが、次々に表示される文字を読むと表現の自由に関するものでした。

フランス新聞社で起きた銃撃テロ事件を追悼する「Je Suis Charlie」バージョンだそうです。先進国で育った私たちは、生まれたころから表現の自由が保障されていました。空気のように自由が存在していたのです。多くの人が承知のように中国は情報規制され、東南アジアすら一部ネット規制があります。また、ここタイでは王様を侮辱すれば逮捕されます。

表現の自由、言論の自由。世界でも、これらが当たり前に保障されている国は少数派です。自由があるのは大変贅沢なことだと思います。表示された文を読んでハッとさせられた日でした。

Freedom of expression is like the air we breathe, we don’t feel it, until people take it away from us.

For this reason, Je suis Charlie, not because I endorse everything they published, but because I cherish the right to speak out freely without risk even when it offends others. And no, you cannot just take someone’s life for whatever he/she expressed.

Hence this “Je suis Charlie” edition.
– #JeSuisCharlie

 

本日のトレード

計2トレード、-0.058%のマイナス収支でした。

通貨システムタイプ購入価格売却価格損益%
合計-0.058
EURUSDYVR SwingSHORT1.133551.132630.570
USDJPYYVR TrendLONG118.002117.691-0.627

2015年1月29日/海外脱出するという選択肢

Photo Credit: Sabine Löwenthal

Photo Credit: Sabine Löwenthal

ノーベル賞受賞者の中村修二さんの記者会見の記事を読みました。「日本の若者には国外に出ることを強く勧める」という内容でしたが、その通りだと思います。外から日本を見ると、ハッと気づかされることが多々あります。

中村さんは、「5年は海外で経験を積むべきだ」と言います。私は、2001年に日本を去って14年ちかく海外にいます。高校二年生のころに決断した渡米。結果、日本に住んでいたら見れない「違う次元の世界」を知ることができました。

国外に出たのは、私の人生で最良の決断だったと思います。決して日本が悪い場所というわけではありません。ただ、世界総陸地に占める日本の面積は0.25%程度です。99.75%の「異国」が世界にはあるのです。好みの問題ですが、生涯を0.25%の小さな島国で過ごすのは勿体なくないでしょうか。

 

本日のトレード

計1トレード、0.329%のプラス収支でした。最近はボラが高い相場だったので、こうした静かな日もいいものです。

通貨システムタイプ購入価格売却価格損益%
合計0.329
EURUSDYVR TrendSHORT1.132671.130500.329

2015年1月28日/ジェットコースターとトレード

Photo Credit: Craig Lloyd

Photo Credit: Craig Lloyd

ジェットコースターに乗ったら、終点まで降りることはできません。急上昇、急降下する恐怖と戦いながら、身を委ねるしかないのです。ジェットコースターは時たま事故を起こしますが、安全面では相当なテストをしている筈です。ですから、恐怖を感じつつも安心して乗車することができるのです。

システムトレードも同じで、何度もバックテストを行い、それなりの「安全性」を確保してからデモ、そしてライブトレードへ移行します。リスク管理もきちんと行えば、ドローダウン時も耐えることができます。そして大事なのは、発進させたシステムを(緊急時以外)途中で止めないことです。ドローダウンの恐怖と戦いながら、決めておいた終点まで身を委ねるのがトレード上達の秘訣です。

 

本日のトレード

計4トレード、1.465%のプラス収支でした。ここ最近、大きい損益が続いており口座残高のボラも高いです(苦笑)

通貨システムタイプ購入価格売却価格損益%
合計1.465
GBPUSDYVR SwingSHORT1.517031.516210.740
EURUSDYVR SwingSHORT1.136301.135380.570
EURUSDYVR SwingSHORT1.135111.133980.717
EURUSDYVR TrendSHORT1.130791.13633-0.561

2015年1月27日/相場と人

Photo Credit: Moyan Brenn

Photo Credit: Moyan Brenn

今、喫茶店でコーヒーを飲んでいて外を眺めているとします。目の前を歩いてる見知らぬ人が5分後に何をするか予想できますか。トレードを予想するということは、これに近いと思います。

しかし毎日、おなじ喫茶店で歩きゆく人々を観察していると、ある程度の確率で予想できるようになるのではないでしょうか。服装や、歩く速さから「駅に向かう人、デパートに買い物に行く人」など分かってくると思います。ただ晴れの日、雨の日、嵐の日で状況は変わります。

トレードも同じです。100%は不可能ですがそれなりの確率で予測ができるようになります。慣れてくると相場の「天候」から、さらに精度よく見極めることができるようになります。

 

本日のトレード

計4トレード、0.101%のプラス収支でした。YVR Swingがハードストップに頻繁にかかります。ボラティリティが高まってるのでしょう。

通貨システムタイプ購入価格売却価格損益%
合計0.101
AUDUSDYVR SwingSHORT0.794370.792540.875
EURUSDYVR SwingSHORT1.133671.128623.337
EURUSDYVR SwingSHORT1.133241.13629-2.090
GBPUSDYVR SwingSHORT1.518041.51999-2.020

2015年1月26日/トレードは、科学かアートか?

Photo Credit: melenama

Photo Credit: melenama

数式が飛び交い、コンピューターが売買をする現代のトレードは「科学」に見えるかもしれません。バックテストも、過去のデーターに基づき数値を出す作業です。しかし、トレード手法を考案する工程や、バックテストの方法などはアートに近くもあります。

私の弱みは、この「アート」にあります。職人に例えれば、数値化できない「長年の勘」という部分になります。高度が製造技術が確立された現代でも、高級車や腕時計は最終工程で手作業の調整が入ります。トレードも一緒です。ポートフォリオ割合や、パラメーター最適化などで微調整が必要になったりします。

こればかりは、経験を積むしかありません。十分な経験を積めるまで、防御的にトレードし、資金を温存しなければいけません。

 

本日のトレード

計5トレード、-0.610%の赤字収支でした。YVR Swingは-3%を大きく超えるマイナス日となりました。

通貨システムタイプ購入価格売却価格損益%
合計-0.610
GBPUSDYVR SwingSHORT1.500791.50278-2.050
AUDUSDYVR SwingSHORT0.789520.78956-0.055
EURUSDYVR SwingSHORT1.126641.125680.603
GBPUSDYVR SwingSHORT1.506231.50828-2.120
EURUSDYVR TrendSHORT1.156231.128743.012
Older posts